肌力を鍛えて、アンジェローバオイルで日焼け止めに頼らないすっぴん生活

 

いきなり突っ込んだタイトルをつけてしまいました。

実は私、日焼け止めは使っておりません。
 

 

実は私、日焼け止めは使っておりません。


いつもそれを口にしますと皆さま、決まって


『キャー―――!ありえへん!それだけは無理無理
焼けたくないし、シミになりたくないーーーー!』


とほとんどの方が言われます(;・∀・)
 

【素肌には日焼け止めはNG/日焼け止め紫外線すっぴん】

 


日焼け止めは現在、つけて当たり前のものになっています。


CMなんかでも紫外線が降り注ぐ5月くらいから
日焼け止めのCM三昧になりますよね!?
 

紫外線は危ないと思っている方も多いのではないでしょうか?
でも結果どうでしょうか?!
 

日焼け止めを使っているのにも関わらず年々増えてくるシミたち・・・
肌の悩みが減るどころか毎年どんどん悩みが増えてきていく・・・


 
皮膚ガンになるから、日焼け止めを塗らなくてはいけないと
言われていますが、皮膚ガンになられた方は周りでも
聞いたことがありません!(私の周りの話です)
 

 

【日焼け止めに対するお肌の守り方/日焼け止め紫外線すっぴん】

 

 


 

日焼け止めのタイプには2種類のタイプがあります。

 

  • 紫外線を反射させるタイプ

 

  • 吸着させるタイプ

 

 
どれだけお肌に優しいオーガニックと呼ばれているようなものでも


薬品に属してしまうためお肌は『外から入ってきた毒物!』と反応します。
 

しかもクリームタイプは、『セルフ美容液(皮脂と汗で混ざり合った最高の美容液)』を溶かし、
『あなたの肌の保湿バリア』を壊して肌を乾燥させてしまいます。


さらに日焼け止めを落とすときに洗浄力の強いクレンジングを
使わなければなりません。
 

これでは紫外線を浴びるダメージよりも
日焼け止めによる肌へのダメージ方が大きくなってしまいます。
 

一日15分くらいの紫外線を浴びるのは必要な量のビタミンDが
作られます。日焼け止めを塗ってしまうとビタミンDは生成されません。
 

長い時間直接強い紫外線を浴びる場合は、肌を傷めることを理解したうえで
日焼け止めをつけるようにします。
 

最近では遮光100%で紫外線カットのような製品もでてきておりますので


普段は帽子、日傘、サングラスも活用されることをオススメいたします!!!
 

【紫外線対策/日焼け止め紫外線すっぴん】

※この画像をクリックするとサイトに飛びます

 






















 

素肌の為の紫外線対策は
春から夏にかけてはアマゾンの森の恵み
『アンジェローバオイル』が大活躍です。


さまざまな効果があるアンジェローバオイルですが
実は日焼けからお肌を守ってくれる天使のオイルなんです(*‘∀‘)
 

日に焼けるとヒリヒリしますが、そのヒリヒリからお肌を守ってくれます。
そこにコパイバマリマリを一滴まぜたら、上皮細胞活性作用も加わり
日に焼けた肌も若かったあの頃のようにすぐに元の肌に戻ります!!
 

アマゾンの森の恵みの商品を使用していると
お肌がどんどん目覚めてくれます!生命力が回復します!

健康な肌には“自己美白力”が備わっています。
愛され素肌になる為に〖肌力〗を養って日焼け止めクリームの卒業をオススメします!
 

 

【今日の愛され素肌美人になるためのポイント!!/日焼け止め紫外線すっぴん

・素肌に日焼け止めはNG

 

・1日15分くらいの紫外線を浴びるのは必要

 

・おもいっきって日焼け止めクリームを卒業する

 

 

 

森の癒しエステサロンSmily

あなたのオンリーワンメニューですっぴん素肌へ

どのコースもは無料でカウンセリングさせていただいております

 

Smily東京店のご予約はこちらから

クービック予約システムから予約する

 

 

Smily大阪店のご予約はこちらから

クービック予約システムから予約する

 

 

コメント

えりさん、初めましてこんにちは。
BMA谷けいじさんとの対談で、「肌は出すところ」に衝撃を受けて
こちらにおじゃまさせて頂きました。

えりさんのブログを読みましたが、目からウロコ状態の連続です(笑)

日焼け止めのお話についてです。
私は昔から色白で肌が敏感です。日光に当たるとじりじりする、焼かれる
感覚があり、焼けると真っ赤になって痛いので日焼け止めは必ず使ってい
ます。

「日焼け止めをやめる」
をしてみたいと思いながら焼けた時の悲惨な状態が脳裏をよぎり踏み出せません。
昨年の真夏に野外イベントに行った際、日が当たり過ぎた部分が腫れ上がり消え
るまで何週間もかかりました。
体の中でも特に顔が一番弱く過敏になるところなので、つけなかったら真っ赤に
なって痛むだろうな、元の状態に戻るのにどれくらいかかるのかな…等不安いっ
ぱいです。
(接客業をしていますので、真っ赤に焼けているのはよくはないですし…)

日焼けで腫れていても何もしない方が良いのでしょうか?
これまで酷く焼けたとろこには保湿ローションを塗っていました。
少しでも早く回復させたくて。

また、日差しをたくさん浴びた日でもケアを特別なものにせず普段通りに
するのが良いのでしょうか?

  • 2018/04/18 18:19